家事の時間短縮の方法

働きながら家事を完璧にこなすのは、とても大変なことです。

1日は24時間しかないのに、仕事をして、家事をして、美容にも趣味にも時間を使い、睡眠も削りたくない、

そのためには、どこかを時間短縮する必要があります。

そこで、家事の時間短縮を実践してみました。

まず、動きやすい動線の確保をしました。

通りかかる場所にゴミ箱を置く、洋服やカバンを置く、小物を置く、これだけで効果は出ました。

いつも部屋の中を行ったり来たりして行っていた身支度が、スムーズに済むようになりました。

ゴミ箱を動線の片隅に置くと、要らないダイレクトメールやレシート、ゴミなどが捨てやすく、まとめやすくなりました。

次に、食材の保存方法を変えてみました。

買ったらすぐに下処理として、野菜や肉をカットするのです。

野菜は千切り、短冊切り、いちょう切り、乱切りなど、何種類かに分けて切り、ジップロックに入れて保存します。

大根などは冷凍をすると味が染みやすくなるので、それも実行しました。

肉は味を付けて保存するだけで、焼く、煮る、蒸すで利用できます。

買ってから仕舞うまでにこの行程を挟むだけで、平日の料理がとても手軽になりました。

時間がない時は、夜のパックをしつつ下処理をしています。少しの時間でも無駄にしたくないため、良い方法だと思っています。

趣味のヨガや多肉植物を植え替える時間も多く取れるようになりました。

ペットの愛犬とお散歩に行く時間が増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です