人間ドッグにびびっています

主人が人間ドックを受ける事になりました。

費用を少しだけ会社が負担してくれるということと、40歳になったのを気に、自分の体の状態を知るためだそうです。

主人は私に

「おまえも一緒に受けろ」

と強要してきます。

私は小さい頃から病院が苦手です。

風邪をひいても病院には行かず、市販の薬を飲んで、暖かくして寝て治します。

それで今まで生きてきたので、さほど病院の必要性を感じませんでした。

でも、昨年は父が病気で手術をして入院したので、「病気の早期発見が大切」だということは実感しました。

健康診断は毎年受けていて、採血やレントゲンなどは行っているのですが、子宮がんや乳がんなどの検診は受けていません。

健康診断では、毎年「コレステロール値が高い」と診断されていて、食生活の見直しや、運動などの習慣を心がけてください。

と指摘され続けています。こんな状態で人間ドックなんか受けても、悪い結果にしかならないような気がしてとても怖いのです。

主人が私の体を心配してくれているのはよく分かるのですが、病院嫌いの私にとって本当に苦痛なのです。

仕方なく、来年の人間ドックには夫婦二人で行くことになりました。

主人もそれでようやく納得してくれました。

それまでの間、少しでも食生活の見直しをして健康に近づける用意努力しようと思いました。

大好きな揚げ物やお菓子類を我慢するのは辛いなー。

健康でいるって、好きな物を我慢しなくちゃいけないから大変なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です