ロ-カル電車の旅は癒しの旅

ロ-カル電車の旅は、一つ一つの駅に停まるので時間がかかります。

早く目的地に着きたい人には、きっと、わずらわしい避けたい電車です。

乗りたくない電車のはずです。

でも私はロ-カル電車の良さを知っています。

地方に行けば行くほどロ-カル電車は楽しいものです。

何が楽しいかといえば、車窓から山や田んぼ、川や海など都会にはないのどかな風景が見えてきます。

じっと眺めていたら田んぼの横の道を白いヘルメットをかぶった学生が自転車に乗って学校に行く姿が見えます。

田んぼでは腰を曲げて農作業をするおばぁさんの姿があります。

線路の横には菜の花の黄色がきれいです。

山の方を見れば、春が待ち遠しい桜がつぼみをつけて、うっすらとピンク色になっています。

電車が鉄橋を渡り、下を見たら川の土手で、のんびりと座っている人や、釣りをしている人がいます。

都会の雑沓から離れて、癒しの映像が目の前を通り過ぎていきます。

それから、おもしろい事もあります。

駅の名前が変わった所が多い事です。

ひらがなで書いてあればイメ-ジが湧かないですが、それが漢字になると一遍にイメ-ジが広がります。

たとえば「まんとみ」は万富と書きます。

昔このあたりは田畑が多く、土地をもっているお金持ちが多かったのだろうと思います。

「かもがた」は鴨方と書きます。

鴨がいっぱいいたのかなと想像が広がります。

新幹線や特急電車では味わえない情緒です。

ロ-カル電車の旅に行けば、心が洗い流されていくような気持ちになります。

時間に追われず時をゆったりと過ごす事も必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です