お友達とホームベーカリー

久しぶりにお友達の家にお呼ばれしました。

時々ご飯を一緒にするこだけど、わざわざ招待してくれるなんてめずらしい。

約束の時間より少し早めに家に行くと、ニコニコした顔で彼女がお出迎え。

その彼女の後ろからは、香ばしい美味しそうな匂いが玄関までしてきていました。

それほど料理が得意ではない彼女、いったいなんなのかな?

リビングに入ると、彼女が私を呼んだ理由と香りの正体が分かりました。

それはテーブルの上に置かれたホームベーカリー。

「これが美味しく焼けるのよ」

どうやら何度も焼いてみて、いろんな人に食べさせていたらしい。

いつもは料理なんてしないのに。

今、焼き上がったばかりで、30分くらい置いてから食べるのが美味しいんだとか。

その間に主菜の用意をするらしい。

と言ってもこちらはデパ地下で買ったお惣菜。

ただ自分が焼いたパンを食べさせたかっただけね。

でもせっかくごちそうしてくれるんだし、美味しく頂きましょうか。

ご飯の準備をしながら、いろいろとホームベーカリーの説明をしてくれるんだけど、もともと料理をしない子だからなんか面白い。

私の方が料理得意だってばとか思っちゃう。

けど今回のパンは、パンミックスを使わないで小麦粉から材料を用意して焼いてくれたんだとか。

そこまでしてくれたのは少し嬉しいかな。

テーブルの上に夕ご飯の準備も出来て、パンも落ち着いてきたようなので晩餐会の始まりです。

まずは最初に彼女が焼いてくれたパンを食べてみました。

確かにこれは人に食べさせてみたくなるかも。

ホームベーカリーで焼いたパンて耳の部分が固くなりがちなんだけれど、これは香ばしさがありつつ適度な柔らかさ。

そしてパン自体がかなり美味しい。 最近のホームベーカリーって良く出来てるんだな。

彼女は赤ワインを手に持ちながら、ひたすらパンとホームベーカリーの説明をしてくれている。

よっぽど美味しくパンが出来たのが嬉しいんだな。

でも本当に美味しいし、これなら私もホームベーカリー買っちゃおうかなって思っちゃうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です